夜夢の本質

 我々が夜見る夢については、さまざまに考えられてきたが、筆者なりの見解が固まったのでここに開陳しておく。

 エプスタイン氏(Epstein,S.,2014)によると、夜夢と言うのは「睡眠によって意識が変調した状態において生起する経験処理の堕落した働き」だと言う。

 少し具体性に欠ける表現であるので、僕なりに気付いたところを言うと、夜夢と言うのは「何者かのあざとい人心(ジェラシーや信賞必罰)の表現」だと言って良いであろう。

 もちろんそれは、フロイトが言っていたような「妄想」なのではない。

 長年良く分からなかった夜夢の本質について、ようやく見解を持つことができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。