人情で100%お金が動く社会だったら

 人情はひとの痛みや苦しみ、不条理にとても敏感である。    

 もし人情で100%お金が動く社会だったら、この国には餓死者などひとりも出なくて済む話だろう。  

 僕のように不器用なので生きていたくなくなる人間もひとりもいなくなるだろう。  

 そもそも神様が人間にお金を発見させたのには、そう言う目論見があったからなのでした。  

 なので、現代日本社会を見て神様はこう言うであろう、「達者なことは達者なことそれ自体で報われているではないか。達者でないと金儲けができないところに現代日本の悲劇がある」と。

 制度が「お金に名前を書く社会」だったらばなお可。違法な経済活動は根絶できる。

 あるいは、「減らないお金」が発明されればそれは家計にとっても財政にとっても革命なのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。