人差し指と薬指の関係

 少しストレス関係のお話で「不眠と体温」について調べていたら、面白いお話を拾うことができました。  

 それは、「指の長さで分かる男性脳・女性脳」のお話です。  

 胎児が母胎の中で受ける男性ホルモンの量によって、人差し指と薬指の長さの関係が決まるそうです。この知見はイギリスのジョン・マニング博士が1988年に発表しました。  

 僕も自分の人差し指と薬指の長さを較べてみました。薬指の方が人差し指よりも1センチ以上長いです。  

 薬指が人差し指より長いひとの脳はいわゆる「男性脳」だと言うことです。  

 逆に、人差し指が薬指よりも長いか同じのひとの脳は「女性脳」らしいです。  

 性格的に何が異なるのかと言うと、「男性脳」のひとは神経が太くて積極的かつ理知的らしいです。  

 逆に「女性脳」のひとは人間関係に敏感だけれども噂に流されないそうです。  

 一般に男の子は戦を好み、女の子は平和を好むことからもそれは伺えるでしょう。  

 あなたはどちらでしょうか?  

 ちょっとしたパーティーの座興くらいにはなりそうなお話だとは思いませんか?  

 心理学と言うよりは医学のお話になるので「心身医学」の括りでお話させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。